19卒私文学生が就活事情ぶっちゃけます

2019年メーカー入社の社畜日記

新卒一年目がメーカーの現実をお届けいたします。

就活が辛くて辞めたい・死にたいって思うことって普通だと思います

 

こんばんは、社畜ちゃんです。

季節的に就活シーズンではないですが、こういった相談を後輩から受けたことがあるのでアドバイスにもなんにもならないですが、書いてみます。(今回割と真面目です)

・就活が辛い・死にたい

多分、就活余裕だった、行きたい企業が決まっていた人以外の就活生は一度は思ったことがあるんじゃないでしょうか?(僕も勿論思ってましたw)

マーチ(学歴弱者)で大企業志望の子達はほぼ確実、辛い時期来ると思いますw

 

なので、辛い死にたいって感情は割と普通です。

就活という枠組の中で、同年代と競争して限られた内定の枠をゲットするゲームは辛くて当たり前です。必死に自己分析、企業分析してES書いて、試験面接対策してもクソみたいなお祈りメールが来るだけ。社会からお前なんていらないよって言われてる気分になります。自分はただ仕事をしたいだけなのに、頑張る気持ちもあるのに認めてくれない。

辛いですよね?僕はめっっっちゃくちゃしんどかったです

第一志望のお祈りメールくらったときは一周間位、半泣きでしたw

 

・どうやって乗り越えるか

はっきり言って、乗り越える方法なんて無いですよ

内定を取るか、就活ゲームを辞めるかという方法でしか、就活の苦しみを消す方法はないです。

先が見えないからしんどいと思うんですけど、先はどうやっても見えません。

苦しみながらも前を向くしかないです。

 

・日本は資本主義社会です

資本主義は言い換えれば競争社会です。競争からは逃げられません。

受験、就活、出世、ビジネス、全て競争ですよね?

就活は今は内定がゴールだと思いますけど、社会に出ても競争だと思います。

ビジネスも弱肉強食で成り立っています。弱い者が強い者の食い物にされる。

リク〇ートが馬鹿みたいに就活生を煽りまくるのは、就活生を煽れば煽るほど利益が出るからです。リク〇ートの社員で就活生を助けたいみたいなこと思ってる奴、誰もいませんよ。

だから勉強して、自分の頭で考えるようにならないと、食い物にされます。

 

就活も同じです。自分で戦略を考えてやらないと勝てません。マーチ生なんかは只でさえ国立早慶に学歴で大きな差があるので、舐めてると全落ちかましますw

 

・最後に

就活は残酷な競争です。友達が大手に内定を貰っても素直に喜べなかったり、妬んだり、それが普通です。苦しみを親や周りに理解してもらえなかったりもします。

誰でも大企業に行けたバブル世代のオッサン面接官のお祈りメールにキレることもあります。

それでも前を向くしかありません。

この先、社会に出た時に就活の競争は良い勉強になると思いますって誰かが言ってました。(僕はペーペーなんでよくわかりまてんw)

 

最後に僕の大好きな本を置いておきます。辛い時読んでみてください。

瀧本哲史さんの「僕は君たちに武器を配りたい」

非情で残酷な日本社会で20代が生き残るための思考法とは何か?不安に立ちすくむ日本人が、今こそ学ぶべき本物の資本主義とは何か?

 

東大出身でマッキンゼーを経て京大で教授をされてた方(最近お亡くなりになられたようです)が書かれた本です。

僕はあんまりビジネス書等は読まないですが、この本だけは大好きで就活の時期もよく読んでました。

エッセンシャル版が読みやすいサイズでおすすめです。

 

就活は辛い辛い戦いです。それでも前を向いてください。

頑張ってれば内定を取れるなんて綺麗ごとは言いません。

負ける人も、苦しみで自殺する人もいると思います。

自分の中で大切なものを見失わずに生きましょう。